私は公務員として働いている男です。一昔前だったら、公務員っていうと他人からうらやましがられるような仕事だったんですよね。
公務員試験の倍率もものすごくて(昔だけではなく、いまももちろんすごいんですけど)その試験を通ったというだけでものすごい達成感が得られたものです。
公務員として職についたらあとはもう一生安泰……とか言われたんですけど、正直なところ、本当に安泰なのかと問われればかなり疑問です。
昔は給料もよかったんですけど、いまはもう本当に不景気で、お世辞にも稼げる職業とは言えなくなっています。

昔の話ばっかりするのもあれなんですけど、特にバブルがはじけた直後くらいは、一気に不況の波が来て、普通の会社に就職していた人たちはみんな困り果ててたんですよ。
それで公務員だった私は、自分はちゃんと仕事があってよかったなって思ったんです。

でも今はそう思いませんね、とにかく、公務員にお金を払うのって当然のことながら国じゃないですか。
だから国が貧乏になれば(予算が赤字になれば)当然のことながら公務員の給料も下がっちゃうんですよ。
毎年のように給料が減らされ続けて、今ではもうとても満足ができるような額ではありません。
給料が下がって、同時に仕事が楽になったならまだ我慢もできるんですけど、当然のことながらそんなふうにはなってないし、たとえ作業量が前とは変わってなくても、給料を減らされた分だけ、前よりも仕事がきつくなったように感じるんですよね。

仕事のことでは、妻にもずいぶんと心配をかけています。
子供も二人いますし、一人は来年から高校に進学するので、一層お金がかかります。
でも、お金がかかるのは仕方のないことです、むしろ、妻も子供たちも頑張っているので、私としてはもちろん父親として夫として、家族の頑張りに応えてやりたいのです。
家族といがみ合っているならまだしも、きちんとよい関係が築けている家族に対して、力になってやりたいと思わない父親なんて絶対にいません。
しかしながら、お給料が減らされたらもうどうしようもないのです。
公務員は、例えば副業をしたくてもできませんしね。
もしも私が副業をしていることがばれてしまったら、すぐに職場を首になってしまいます。
少しでも多くの稼ぎを得たくて副業しても、それが結局ばれてしまって今の仕事を首になったら、本当に何の意味もないじゃないですか。

仕事のことやそれ以外のことでも、不安は募るばっかりです。
妻に相談できることとできないことがあるでしょう。
妻だって、パートに出て家計を助けてくれているのです。
本当は妻には楽をさせてやりたいと思っているので、妻に働かせてしまっているというだけで、かなり胸が痛むのです。

妻とは出会い系サイトがきっかけで知り合いました。
私自身、出会い系サイトについてはいろいろなサイトをまめにチェックして、自分がその時々で理想としている出会いを実現できそうなサイトをいろいろと探してきたつもりです。
例えば大学生の頃は、まだまだ自分が結婚することについて全然実感がわかなかったので、まじめな恋人との付き合いよりも、セフレとの出会いのほうがほしかったのです。
だから、どちらかというと友達作りに最適だといわれるタイプの出会い系サイトばかり利用していました。

あんがい、メル友サイトみたいなものをまめにチェックしていると、友達の延長戦みたいな形で、仲良くなった女の子とセックスさせてもらえたりするんですよ。
そういうおいしい経験も結構してきました。
女の子だって性欲がないわけではないし、むしろ男以上にセックスとかそういう話題に興味津々という女の子も多いので、あまりべたべたしすぎなければ、女の子の都合がいい時(気分がいい時)に遊んでもらえたりしました。
余談ですが、セフレとお付き合いするときは、絶対に相手に依存しすぎてはダメですよ。

恋人同士の関係に比べれば、セフレとの関係はずっともろいものなのです。
絶対的な関係が約束されているわけではないので、どちらかの都合が悪くなって急に別れなければならないなんてことが良くあります。
相手のセフレが人妻だったなどという場合ならなおさらです。
別れる前に相手から連絡などあればまだましな方で、何の前触れもなく連絡ができなくなるという場合も多いくらいです。
だから、セフレとの関係に依存しすぎると、結局のところつらい思いをするのは自分の方なのです。
セフレとの関係に依存し過ぎてしまうくらいだったら、相手から依存される側になったほうがまだましです。
男にとっては特に幸せなことですね。

さて、私も大学を卒業してからきちんと就職して、それからもしばらくはいろいろなこと遊んでいたのですが、それでも「そろそろ身を固めたい」と思うようになりました。
職場の同僚などが次々と素敵な人を見つけて結婚していったのがうらやましかったのかもしれません。
男としてのプライドみたいなものもありました。

仕事が公務員ということもあって、結婚相手を探すのにはそれほど苦労もしませんでした。
同じように出会い系サイトを利用する場合でも、利用するサイトの種類を少し変えれば、結婚相手を探すことも割と簡単にできたのです。
婚活のために、私はそれまでよく利用していた出会い系サイトの登録を解除して、会員制の婚活支援サイトを利用し始めました。
妻とはそこで知り合ったのです。

妻とは結婚して二十年近くになりますが、本当に良い女性だと思います。
私にはもったいないと思えて来ることがあるくらいです。
私が不倫というものに手を出したのは、決して妻に対して何か不満があったからとか、妻との間で何か深刻なトラブルがあったとか、そういうわけではないんです。
妻のことは、いまでもずっと愛しています。

じゃあなぜ出会い系サイトを利用して不倫を始めたのか。
これはもう、実際に不倫をしてしまった私自身にもうまくは説明できません。
間がさしたとしか言いようがないですよ。
直接のきっかけはたぶん、昔別の出会い系サイトで知り合っていた女性が、突然メールを送ってきたことだと思います。
その彼女とは大昔に付き合っていたのですが、ある時から突然連絡が取れなくなって、まあセフレとの関係は不安定なものだから仕方がないと考えてあきらめて、ほとんど忘れていたような相手です。
その人が突然メールを送ってきたものですから、本当に驚いたのです。
彼女がどうして突然私にメールを送ってきたのか、今でもよくわかりません。
メールを送ってきた当の本人も、やっぱり少しだけ戸惑っていたような気がしたので、ひょっとしたら彼女の携帯にたまたま私のメールアドレスが残っていて(ずっと変えていないので)本当は別の誰かにメールをしようとして、たまたま間違えて私の携帯にメールしてしまったのかもしれません。
彼女がわざわざ私の携帯にメールを送ってきたことについて、本当にそれくらいしか思い浮かびません。

彼女は軽い気持ちかあるいは間違いだったのかもしれませんが、私にとってそれは重大な出来事でした。
結局彼女が送ってきたメールがきっかけとなって、私は過去の自分が出会い系サイトを利用していた時のことを思い出してしまったのです。
大昔のセフレやメル友と交わしたメールのやり取りとかが急に懐かしくなって、ほんの少し気晴らしのつもりで、昔よくやっていたような感覚で出会い系サイトをチェックしてみました。

それで、出会い系サイトを利用し始めたばかりだという人妻に出会ったのです。
彼女は、結婚しているものの旦那との関係がうまくいっていなくて寂しい、というようなことを言っていました。
そこから先のことについては省力しますが、私は結局その女性と体の関係を持ってしまったのです。

私は公務員です、公務員が出会い系サイトを利用して不倫をしたということがばれたら、かなりまずいのではないかと思います。事態が大きくなったら、職場を首になるという可能性も否定できません。でも実際に不倫をしてしまったことはどうしようもないのです。

人気上昇中の注目出会いアプリ情報 まとめ【出会いアプリへの登録の仕方と、年齢認証に関わる注意点】