自分が同性愛であることをカミングアウトするって本当に勇気がいることです。しかし実際にカミングアウトしてうまく行かないということもあります。その時、プライドなどズタズタになりもう二度とカミングアウトなんかしないと自虐的にならないでいただきたいですね。

同性愛の人たちはみなさんそんなことを繰り返しているのです。

同性愛の人たちのカミングアウトの決意

いきなり多くの人たちにカミングアウトということではなくて、信頼出来る友だちを見付けて、そのような人たちにカミングアウトすることよりスタートしてみましょう。まずは、両親からと言うも正しい選択では。両親ならどんなことがあっても苦しんでいるあなたを見捨てたりしないです。そしていいアドバイスをくれるはずです。実際にカミングアウトは大事なことですが、カミングアウトは大変で疲れることです。それも誰でも同じです。

もっと同性愛の人たちに元気になっていただきたいですね。そのためにこんな考えはどうでしょうか。 同性愛ということもひとつの人間の個性に過ぎないのです。

今までカミングアウトされなかったため、そのような個性があまりクローズアップはされなかったのですが、今後、何年か経てば、ゲイなんて個性のひとつだと気軽に見過ごす時代はやって来るはずです。インターネットが出来、どんどん同性愛の人たちの認知度も高まってきている事実はあります。

ただし、同性愛という事態にまだまだ戸惑っている人たちもいます。しかし、同性愛であることで、別に特殊な能力を身に付けている訳でもありませんし個性なのです。個性と言わなければ、あなたは左ききと言われているようなものです。同性愛があなたの全部ではありません。左ききと同じく、あなたの極々一部に過ぎないのです。

あなたが同性愛とカミングアウトしても、あなたの本質が絶対的に変わるということではありません。そのことを時間をかけて肝に銘じていただきたい。それが出来た時こそ、カミングアウト出来る時なのです。実際に同性愛の人たちは、同性愛の勉強を学校から、社会から教わるということが今までありませんでした。なので、自分のことなのに、判っているつもりで同性愛が何かということも全然理解出来ていなかったりします。同性愛の人たちは、そこからスタートをしなければなりません。

同性愛の人たちの出会いの方法

さあ、同性愛の人たちがカミングアウトの決断をすれば、どのような方法で同性愛の人たちと出会うかという問題を追求しましょう。それもやっぱりインターネットです。出会い系サイトには、サクラというものが必ず存在します。普通の人たちもそのようなサクラを回避して普通の出会いを成功させています。

同性愛の人たちがしなければならないことは、罵声・ヤジ・軽蔑、そのようなものを回避して、本当の出会いを見付けることです。

あわせて読みたいオススメ記事【レズ同士が出会うにはちょっとしたテクニックも必要