私はすでに結婚している二十代の女です。主人とは見合いで結婚しました。正直私にはそれほど強い結婚願望がなかったのですが、私は一人っ子で、両親からも時々、そろそろ孫の顔が見たいというようなことを言われていました。

私も、職場の知り合いとかが次々と結婚して寿退社していく様子を見て、だんだんと結婚というものを意識するようになりました。
やっぱり周りから受ける影響ってすごく大きいですね。
何度も言いますが私には結婚願望というものがなく、そもそも小さな子供があまり好きではないので、仮に誰かと結婚するようなことがあったとしても、子供はよっぽどのことがない限り作らないだろうというふうに想像していたのです。
まあ、実際には両親の目もありますから、結婚してから子供を一人も作らないで一生を終えるということはなかなかむつかしいのですが。

仲のいい友達が結婚して、毎日がすごく充実しているという話を聞くと、だんだんとうらやましくなってくるのです。
自分はこれまで結婚というものをあまり意識しないで、それどころかわざと避けているくらいのことがあったけれども、本当にそれでいいのか、今はまだ二十代だからいいけれど、もっと年を取ってから、出会いのチャンスというものがなくなってきて、もっと若いころに結婚というものについてまじめに考えておけばよかった、などというふうに後悔することにはなりはしないか、というふうに考え始めたのです。

私には結婚願望がないのですが、それでももちろん性欲はあります。
独身ですが、何人かの男性と体の関係を持っていました。
その男性とはどこでどうやって知りあったのか、わざわざ説明をしなくてもなんとなくわかってもらえるとは思いますが、私はセフレサイト 口コミというものを頻繁に利用していました。
ネット経由で出会いを求めるのが私にとって最も適したやり方だと考えていたのです。

確かに、出会い系サイトを利用して出会いを求めることに関しては、変な人に出会ってしまうなどリスクがあることは事実です。
出会い系サイトを利用して出会いを求めることについて、否定的な考えを持つ人の気持ちはよくわかりますし、私も実際に変な人と知り合ってしまって、けっこう迷惑したことがあります。

でも、変な人に出会ってしまうリスクというのは、出会い系サイトを利用している場合とそうでない場合は関係なく、誰にでもそういう経験の一つくらいはあるはずなので、変な人に出会ってしまってもうまく無視できるようなスキルを身に着けることと、あまり嫌な経験のことでいつまでも悩まないことですね。
人生いろいろなことがあって嫌になるとは思いますが、たとえ出会い系サイトを利用していて変な人と知り合ってしまったとしても、そのこと自体がいい経験になったと思って割り切れば、なんてことはありません。

私だって、出会い系サイトを利用し始めたばかりの頃はいろいろと不安もあったのです。
もし本当に重大な犯罪に巻き込まれてしまったらどうしようっていう、そういうタイプの不安です。
確かに出会い系サイトを利用していたらトラブルに巻き込まれる可能性というものは常にあるものなので、油断しすぎることは良くないのかもしれませんね。
でも実際に私がある程度の期間にわたって出会い系サイトを利用してきた経験から言えば、それほど深刻なトラブルに巻き込まれる可能性というのは、実はそれほどたかくないのです。
出会い系サイトというのはメールでのやりとりがコミュニケーションの中心になります。
もし誰かから変なメールをもらってそれがどうしても怖いというなら、その人のアドレスを受信拒否にしたり、あるいはサポートセンターに連絡して、その人をアクセス禁止にする(要するに出会い系サイトから追い出す)というような処置をとることも可能です。

しばらく利用してみると、出会い系サイトというものは実はそんなに危険なサイトではないのだということがわかってきて、ずいぶん気が楽になりました。
出会い系サイトというのが実はすごく楽しいサイトなのだなということがわかったのは、利用し始めてしばらくしてからです。

私が出会い系サイトを利用して望んでいたのはセフレとの出会いです。
女の立場でセフレとの出会いを求めるのは珍しいと思われるかもしれませんが、私のように結婚というものを全く望んでいなくて、それでも性欲は人並み以上に感じるという人にとっては、出会い系サイトを利用して誰かとの出会いを求めるというやり方が一番好都合なのです。
私だって、始めから出会い系サイトを利用してセフレとの出会いにこだわろうとしていたわけではありません。
でも、自分が選ぶサイトの種類や状態によっても異なるのでしょうが、私にとっては結局、サイトを利用して誰と知り合っても結局その人は自分にとってのセフレとなるという思いが強かったのです。
実際セフレという人間関係は、相手に対してそこまで強い責任感を持つ必要がないので(もちろん、責任を全く負わないというわけではないのですが)誰かと会ってセックスしたいと考えた時だけデートの約束などをして合えばいいので、気楽といえば気楽です。

出会い系サイトを利用して知り合ったセフレは、常に自分のもとにいるわけではないので、私生活について干渉されるという経験をせずに済みます。
私は出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めていたわけですが、やっぱりセフレの何がいいかっていうと、セックスで第一につながる関係という考え方があるので、むしろその他の部分ではあまりこだわらなくていいという人が意外に多いんです

私が結婚してみて思ったことは、やっぱり結婚生活よりもセフレと付き合う経験のほうが自分はよっぽど楽になれるなということです。
私にはセフレという人間関係のほうが性に合っていました。
正直こういう関係は、相手に対して過剰に責任を負う必要がないのですごく気楽なんです。

結婚生活は、ひょっとしたら経験のない人はただひたすら幸せなことばっかりが続くと考える人がいるかもしれませんね。
でも、実際にはそれほど甘い話ばかりではないのです。
確かに、きちんと好きな人とお付き合いして、お互いが納得したうえで結婚できたなら、幸せな出来事もたくさんあるでしょう。
でも、さすがにまったく別の人間が(しかも異性が)ずっと同じ屋根の下で暮らし続けるという行為には、負担になることもたくさんあるのです。

お互いに性格や価値観が違うわけですから(性格や価値観が似ている者同士はうまくいくという人もいますが、そういう考え方は人それぞれです)考え方が合わずにすれ違うことも多いでしょう。
相手に腹が立ったとしても、そのことをストレートに伝えられない場面もたくさんありますし、大人としての責任もありますので、相手に対して少し腹が立ったからといって、本当にそれだけでまさか離婚を決意するわけにはいきません。

当然、結婚をすればセックスする相手も基本的にはずっと一人です。
セックスの相性が抜群に良い二人が、もうこの人とのセックスしか考えられないといって、セックスのたびに最高の幸せを味わうのであれば、その二人の関係はずっと円満だと思います。
それって大げさじゃないの、と感じる人もいるかもしれませんが、これくらい言っても決して大げさではないくらい、男女の体の相性というものは重要なのです。

なんで私はセフレとしての関係のほうが気楽だと思うのかというと、やっぱりそれはどう考えても、相手に対して責任をもたなくていいからきらくというふうに考えられるからなんですよね。

私のわがままかもしれませんが、同じ相手とばっかりセックスしてるとどうしても飽きちゃって、実際、お見合いで結婚した旦那との相性もあんまりよくないんですけど……体の相性が良くないからといってまさかそれだけを理由に離婚したら、それこそ母親に何を言われるか分かったものではないので本当にむつかしいです。

いっそのこと結婚なんかしなきゃよかったなと思います。
仲のいい友達とデートを重ねたり、どうしてもセックスがしたくなったときは出会い系サイトを利用してセフレと適当にやりまくったり、そういう生活のほうが、わたしには気楽でいいですよ。